岡山県の受験事情


いよいよ大詰めということで
中学受験を検索キーワードとしたアクセスが多くなっています。

偏差値を気にされて訪れている方が多いのですが… あまり意味ないですよ。

偏差値というのは目安であって、それが学校の評価というわけではありません。
受験するしないの目安でしかありません。
先ずこのことを前提に岡山県の受験事情をお話します。

岡山県の受験は「公立王国」と呼ばれていますが
これは高校受験だけではなく中学受験においても同様です。
ご年配者や昔ながらの考えの方はいまでも
国立岡山大学附属中学校 → 県立岡山朝日高等学校 → 国立岡山大学
これが岡山県民のエリート街道だと思っています。
実際のところ、岡山県の財政教育界には
岡山朝日高や岡大附属中の出身者が多く、大きな影響力があります。

例えば、岡山県No.1の偏差値を誇る「岡山白陵」偏差値70
とはいえ、ここは私立です。
入試結果をみれば分かると思うのですが、合格最低点が低い。
平均点も合格最低点も年々下降しています。
これは、岡山白陵に合格しても入学しない受験生が多いので
基準に達していなくても合格枠を多く取っているのです。
長男の知っている子でも偏差値60未満で合格入学しています。

私立は合格基準に達していない受験者でも
入学辞退者を考慮して大きな枠で合格を出しているため
入学後の上位と下位がハッキリと別れてしまいます。

岡山白陵、岡山中学(東医)、就実(HG)
公立より入るのは簡単かもしれませんが
そこで上位に食い込んでいくには進学塾に通うことが必至になります。
高い授業料に高い塾代、これが経済的な負担になって塾を辞め
そのまま内部進学して高校卒業、大学受験で失敗というケースが非常に多いのです。
岡山白陵は塾に行かなくても良いレベルの「ハードな学校生活」と聞きます。
しかし、国立医大に進んでいる方は塾にも通っているのが必然となっています。
経済的余裕のない方や塾を併用している方は公立が多いです。
長男の学校の友達(中学1年)も、7割が塾に通っています。

岡山県で公立No.1中学と言えば「岡山操山」
その下に岡大附属、岡山大安寺、倉敷天城、津山と続くわけですが
上記校の入試問題の内容は「A方式の記述式」、中間期末考査も「記述式」
記述式が苦手な受験生には厳しいかもしれません。
唯一、中高一貫校ではない岡山大学附属中学校ですが
岡山朝日の附属と言っても良い「授業内容」になっており
岡山朝日の入試過去問などの傾向を実際の授業に取り入れています。

偏差値が高いから… 制服が可愛いから… 自宅から近いから…
そのような単純な理由で中学受験をさせるなら
中学受験をさせずに中学では塾に力を入れ
高校受験で頑張ったほうが良いかと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ 

GEN株式会社クープ 代表取締役

投稿者プロフィール

千葉県柏市出身、岡山県浅口市在住(岡山県民4年目)

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

本日の岡山県NEWS

Twitter

ピックアップ記事

  1. 2015/11/25

    移住と受験
    ご無沙汰してます。^^; 岡大附属中は本日から27日まで願書受付です。 息子は中間考査対策で…
  2. 2015-1-22 (更新:2015年2月22日) 岡山大学附属中学の入試対策を教えて下さい。…
ページ上部へ戻る