小規模クラスの学校と弊害


2013-9-22

偶然、同じ相談が続いたので「私たちの場合」でお答えします。

ご相談の内容は、生徒数の多い学校から生徒数の少ない学校へ転校した場合
何か問題になった点や困ったことはなかったですか?という質問です。

確かに首都圏の大きな学校から岡山県の学校に転校となると
生徒数が減る(学校規模が小さい)境遇が殆どでしょう。

以前の投稿でも同じようなことを書いているのですが、私たちの場合は「逆」なのです。
柏市(旧沼南町)の外れにある村落なので少子化が進んでいます。
学校規模で言えば全校生徒100数名、一学年一クラス20人前後の過疎化学級
学区内の中学校でも全校生徒100名前後、一学年一クラス30人前後という「箱庭」です。

小規模学校や小規模クラスのメリットは何でしょうか?

・生徒と先生、顔と名前が全員分かる。
・目が行き届くのでイジメがない。(少ない)
・義務教育の9年間、ずっと一緒なので仲が良い。

では、デメリットは何でしょうか?

・コミュニケーション能力の低下
・競争意識の欠如
・学力の低下

私たちが一番心配していたのは小規模学校の弊害(デメリット)です。
競争意識がないので中学受験をする生徒は0~1人程度
9年間クラス替えもなく同じ顔ばかりでコミュニケーション能力が低下
生徒数が少ないということは周りも小さな部落なので「噂話」は無責任に広がります。
例えば、中学受験をしようとすれば「奇人変人扱い」…(^_^;)
受験に失敗しようものなら、親は嘲笑され子どもは虐められます。

そんなコミュニティが嫌なので、岡山移住にも抵抗なく受け入れることが出来ました。
ここの市民(人口)は柏市の10分の一にも満たしませんが
通っている小学校の規模は以前の小学校と比べて約4~5倍の生徒数
周りに学習塾や予備校が沢山あり、塾を掛け持ちしている同級生も多いです。

大規模クラスから小規模クラスへの転校経験はないので
残念ながら憶測だけでアドバイスは出来ません。m(_ _)m

但し、これだけは間違いなく断言できます。
「子どもは良くも悪くも育った環境に大きく影響します」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ 

GEN株式会社クープ 代表取締役

投稿者プロフィール

千葉県柏市出身、岡山県浅口市在住(岡山県民4年目)

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

本日の岡山県NEWS

Twitter

ピックアップ記事

  1. 2015/11/25

    移住と受験
    ご無沙汰してます。^^; 岡大附属中は本日から27日まで願書受付です。 息子は中間考査対策で…
  2. 2015-1-22 (更新:2015年2月22日) 岡山大学附属中学の入試対策を教えて下さい。…
ページ上部へ戻る