残り22日、もう少しで受験も終わりです。

  • 2014/12/19
  • 残り22日、もう少しで受験も終わりです。 はコメントを受け付けていません。

2014-12-19

アクセス数が急増です。^^;

中学受験の情報収集だと思いますが
岡山移住以外のお問い合わせもチラホラ頂くようになりました。

岡山県内の偏差値1位といえば、岡山白陵です。
当然のこと、ココを受験させたかったのですが
自宅から片道2時間、特待奨学制度なし、高額な学費… 早々に諦めました。^^;
私の住むところでは「広島大学附属福山」ココが通学圏内で偏差値が高いところです。
残念ながら、息子は転向組で受験対策が遅れ、内申書で落ちるのが目に見えています。
今になって言えることは、国立や内申書を重視する学校を受験するなら
小学4年生からの受験対策が必要になる…ということでしょうか。

スケジュールの調整や勉強の組み立ては面白いです。
出稽古ではないですが、他塾の公開模試や直前ゼミにも参加しています。
残り22日間、これを乗り切れば息子の中学受験は終わりです。
出遅れた分はなんとか追い付いてきたかな?と思います。

ここに来てようやく第一志望校がA判定、滑り止め校もA+判定
但し、第一志望校は内申書重視なので正直なところ厳しいかな…っと (-_-;)
少しでも学科で点数を稼がないと内申書で切られるでしょう。

中学受験を体験して分かったことが沢山あります。
先ず、特待生や奨学生というのは「入学する生徒には実際のところ該当者が少ない」ということ。
これは、前受けといって「腕試しや本番に慣れさせるために志望校の前に他校を受験させる」のです。
当然のことながら志望校が合格すれば志望校に入学するので
前受け校は合格しても入学しないことになります。
なので、特待生枠で合格している殆どの受験生が実際には入学して来ないのです。

そして、大手の塾に通わせるメリットは他の受験者にプレッシャーが与えられること。^^;
受験会場にハチマキやノボリ、お揃いの防寒着からプラカードまで
あれは明らかに他の受験者にプレッシャーを与えることが目的です。(-_-;)
保護者控室で、NN研の保護者が集まって騒いでいたのは呆れました…。
下の娘はNN研には通わせないでしょう。^^;

絶対に私たち夫婦も偏差値(小学生レベル)が上がってますね。(^^ゞ
懐かしいなぁーと思っていた勉強も、新しい発見があり一緒に楽しんでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ 

GEN株式会社クープ 代表取締役

投稿者プロフィール

千葉県柏市出身、岡山県浅口市在住(岡山県民4年目)

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

本日の岡山県NEWS

Twitter

ピックアップ記事

  1. 2015/11/25

    移住と受験
    ご無沙汰してます。^^; 岡大附属中は本日から27日まで願書受付です。 息子は中間考査対策で…
  2. 2015-1-22 (更新:2015年2月22日) 岡山大学附属中学の入試対策を教えて下さい。…
ページ上部へ戻る