中学受験の経緯


我が家の場合、祖父を含め「近所の私立中高一貫校の卒業生だから」という単純な動機です。

息子の場合は、5年生まで受験勉強などもせず「合格すればOK」という軽い気持ちでした。
とはいえ算数は小さい頃から勉強(幼稚園児で三桁の足し算と引き算の程度)させていたので
抵抗もなく受験勉強に入れたのは幸いだったと思います。
なので、塾に入ったのも遅くて小学5年生の1月(新6年生)です。

全国統一小学生テストでは偏差値65だったと覚えています。
とはいえ、この偏差値は曲者で(^_^;) テストの内容は学校レベルの簡単なもの。
学校で勉強ができる子だとこの位ではないでしょうか?(間違っていたらゴメンナサイ)

最初に入塾して受けた模試は散々な結果で偏差値50
入塾から数日後に受けた模試なので予想はしていましたが
これには本人もガッカリ(´・ω・`)
学校レベルと中学受験レベルの問題では難しさが違うんですよね。
特に息子が通っている塾はレベルが高いようです。

ここから息子の意識が変わりました。

上位にいる友だちに追い付きたい、もっと偏差値の高い学校を狙ってみたい。
簡単に言えば「欲が出てきた」ということでしょう。

本日の岡山県NEWS

Twitter

ピックアップ記事

  1. 2015/11/25

    移住と受験
    ご無沙汰してます。^^; 岡大附属中は本日から27日まで願書受付です。 息子は中間考査対策で…
  2. 2015-1-22 (更新:2015年2月22日) 岡山大学附属中学の入試対策を教えて下さい。…
ページ上部へ戻る