浅口市の紹介


移住候補地

私たちが移住候補地に選んだのは下記4市でした。

① 倉敷市・・・美観地区やチボリ公園などよく遊んでいた土地で親しみがある。
② 玉野市・・・レジャー観光施設が多く岡山市や四国へのアクセスも良い。
③ 笠岡市・・・観光で訪れた際に笠岡諸島に魅せられ島暮らしに興味が湧く。
④ 浅口市・・・岡山市と福山市の中間地点でアクセスが良く交通の便が良い。

 

なぜ浅口市に移住したのか?

私たちが浅口市に決めた主な理由は次の通りです。

① 子ども医療費の助成制度(中学3年生まで医療費が無料)
※ 詳細は「子育て王国あさくち」をご覧下さい。
② 子どもの教育に適している。
※ 詳細は「学力向上No.1プロジェクト」をご覧下さい。
③ 山・川・海、自然に触れさせ自然と遊んで欲しかった。
④ 子どもが住みやすい環境、子どもに安全な環境を与えたかった。
⑤ アクセスが抜群に良い。(鴨方IC、国道2号バイパス、鴨方駅、金光駅)
※ 岡山駅35分、倉敷駅18分、福山駅23分、尾道駅44分、岡山空港まで車45分

 

移住してみてどうだったのか

岡山市、倉敷市、福山市のベッドタウンとして急成長しています。
岡山市も広く、アクセスの悪い同市郊外に住むよりも浅口市に住む世帯が多いですね。
片道30分の電車通勤、定期代も1ヶ月17,000円程度と2万円以内(学生はその半額程度)

浅口市は観光スポット遊ぶところも意外と多いです。
お隣の市(笠岡市、里庄町、井原市、矢掛町、倉敷市)まで足を伸ばせば
観光地が多いので簡単な観光気分(小旅行)も味わえますよ。

 

浅口市内の写真

本日の岡山県NEWS

Twitter

ピックアップ記事

  1. 2015/11/25

    移住と受験
    ご無沙汰してます。^^; 岡大附属中は本日から27日まで願書受付です。 息子は中間考査対策で…
  2. 2015-1-22 (更新:2015年2月22日) 岡山大学附属中学の入試対策を教えて下さい。…
ページ上部へ戻る