究極のお水を求めて… 結果

  • 2016/2/18
  • 究極のお水を求めて… 結果 はコメントを受け付けていません。

お水には拘りがあります。
日本国内で取り寄せることが出来るミネラルウォーターと天然水
配送エリア内で契約の出来るサーバー型
全て飲んで体験してきた結果、結末は予想外になってしまいました… ^^;
一つ一つ簡単に検証してみます。

ミネラルウォーターサーバー型(アクアクララ、クリクラなど)

・水道水を濾過しミネラルを添加したもの、安心安全A / コストC
・サーバー型は雑菌の繁殖が防げないので衛生的ではない。
・ミネラル添加に抵抗感がある。

天然水サーバー型(うるのん、コスモウォーター、サントリーなど)

・地下水を濾過および煮沸したもの、安心安全C / コストB
・サーバー型は雑菌の繁殖が防げないので衛生的ではない。
・天然水は安心安全面で劣る。

ペットボトル

・地下水を濾過および煮沸したもの、安心安全B / コストA
・ペットボトルはほとんどが天然水、その理由はコストが安いから。
・雑菌が繁殖しやすいので直接口から飲むのはお勧めできない。

常設型浄水器

・スーパーなどで無料(ボトルは有料)配布しているもの、安心安全C / コストA
・常設型はメンテナンス次第、共用なので衛生的には一番劣る。
・濾過方法もスペースの問題か簡略されている。

家庭用浄水器(ボトル型含む)

・水道水を濾過したもの、安心安全A / コストA
・安全面では一番

安全で言えば、

家庭用浄水器 > 水道水 > ミネラルサーバー型 > 天然水サーバー型(ボトル含)> 常設型浄水器

であることを理解して下さい。

日本人は、天然水=美味しい・自然・安全 と思いがちですが全く違います。
日本の水道水は水道法の基準(基準項目だけで50以上)が厳しいので安全です。
ミネラルウォーター(天然水含む)は食品衛生法になるので検査基準も18項目だけになります。
放射能検査なども公開している会社はありますが、ガイガーカウンターで計るなど
いい加減な検査をしている(検査自体していないかも)ところは実際に多いです。

結果

私は クリンスイのレンタル浄水器 にしました。
蛇口直結型が月々1,000円、ポット型が月々800円、合計でも月々1,800円
3ヶ月毎にカートリッジ交換、1年毎に本体交換、コストパフォーマンスは間違いなく一番です。
私の場合は蛇口型を料理などに使い
ポット型は蛇口型浄水器から出た水を再濾過して冷蔵庫に入れています。
クリンスイは浄水能力が他社と比べ大変優れています。(ニュースにもなりました)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ 

GEN株式会社クープ 代表取締役

投稿者プロフィール

千葉県柏市出身、岡山県浅口市在住(岡山県民4年目)

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

本日の岡山県NEWS

Twitter

ピックアップ記事

  1. 2015/11/25

    移住と受験
    ご無沙汰してます。^^; 岡大附属中は本日から27日まで願書受付です。 息子は中間考査対策で…
  2. 2015-1-22 (更新:2015年2月22日) 岡山大学附属中学の入試対策を教えて下さい。…
ページ上部へ戻る