集団登下校


2012-4-26

長男の通学路も国道への抜け道で
朝の時間帯は狭い生活道路を(制限速度30km)80km以上で走る輩もいます…。
いつか事故が起きるのではという不安と事故が起きらなければ行政は動かないという矛盾。
通学路の見直しと言われても生活道路だから「その道」しかありません。

集団登下校の意味はあるのか?

先進諸外国では「集団登下校」がありません。
各自の家庭が責任を持って学校まで送迎する、またはスクールバスを利用するとあります。
日本で言えば幼稚園のような感じかな?
一昔前の日本では登下校の児童を狙った犯罪が多く「犯罪防止」のために集団登下校が始まりました。
しかし、最近では犯罪防止ではなく「人間形成」のために
集団登下校の存在意義を無理矢理に当てはめています。
上級生が下級生の面倒を見る、交通ルールを教える、近所同士のコミュニティーです。
実際のところ、上級生になるとクラブ活動が始まり登校班に参加できない。
少子化過疎化により子供が少ない、共働きなので送迎している。
このような集団登下校の問題があります。

なぜ諸外国では「集団登下校」がないのでしょうか? …それは子供を守るためです。

日本の集団登下校も犯罪防止を目的としているのに矛盾しています。
少数人程度の登校班では集団とは言えずあまり犯罪の抑止には繋がりません。
一人になった頃を見計らって犯罪が起きているのですから逆に危険なのです。
また、子供の集団心理として「下校時などは気が緩み子供がふざけてしまったり」
運転している側の心理として「集団が気になり車が寄っていってしまった」という事例もあります。

昔から集団登下校をしているから変えられないところが殆どです。
結局のところ「子供の安全より大人の建前」なのです。
時代時代にあった対応をしていかなければ犠牲になるのは子供なのに…。
国内でも先進的な学校では集団登下校を廃止しています。
送迎も時間帯を区切って車が混雑しないようにしたり、スクールバスを出して対応
田舎の地区ほど変える勇気、変える行動が伴わないものです。

bus-480x306

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ 

GEN株式会社クープ 代表取締役

投稿者プロフィール

千葉県柏市出身、岡山県浅口市在住(岡山県民4年目)

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

本日の岡山県NEWS

Twitter

ピックアップ記事

  1. 2015/11/25

    移住と受験
    ご無沙汰してます。^^; 岡大附属中は本日から27日まで願書受付です。 息子は中間考査対策で…
  2. 2015-1-22 (更新:2015年2月22日) 岡山大学附属中学の入試対策を教えて下さい。…
ページ上部へ戻る