未来永劫


2013-10-30

福島第一原発、トラブル続きですが当然といえば当然のことです。

会社で人事を担当している方なら分かると思いますが
採用しても直ぐ辞めて、仕事を教えても直ぐ辞めて、なにかあれば直ぐ辞めて
新人が辞めては新人を採用しての繰り返し…。 人材が育たないんですよね。

福島第一原発の作業員には「年間被ばく限度量」があります。
つまり、新しい人が来ては辞めていくという「人材の使い捨て」状態なわけです。
どこぞの流通倉庫で荷物整理をしている派遣やアルバイトさんと何ら変わりません。

人材が育たなければ当たり前のようにミスは発生します。
年間被ばく限度量があるということは、これは今後も変わらない変えられない問題です。
40年以内に完全廃炉が出来るのでしょうか?
例え、何事も無く確実に廃炉に出来たとして「未来永劫」完全管理が出来るのでしょうか?

戦うのも勇気、逃げるのも勇気、とは言いますがどちらも犠牲はつきものです。
誰でも何かしら「犠牲」にしているものがあります。

東日本大震災が起こる数ヶ月前まで、私たちは房総(千葉県)の物件を探していました。
地元の不動産屋に連絡を取り、マンションから一戸建て良い土地があればと検討していたのです。
タイミングが違っていれば今の人生も違っていたのかと、感慨深くなります。

結局のところ、東日本大震災で目の当たりにした「津波」に怖気づいてしまい
周辺は過疎化が進んでいて子どもの教育環境が充実していないのもネックになり
房総への移住は諦め、津波の心配が少ない瀬戸内海がある岡山県に移住しました。
とはいえ、今のところ「マイホームの購入」は考えていません。

移住される方へ、家を買えるときに買うのも良いのですが賃貸がお勧めです。
岡山なら賃貸と言っても首都圏からみれば激安…。
戸建ても多く、5LDK駐車場庭付きで月3万円なんて物件も珍しくありません。
私たちの場合は、岡山に永住することを前提として
岡山に住んで岡山を知ってから、岡山に居を構えるつもりです。
見ず知らずの土地、家を建てて住んでみたら周りの住人が最悪だった…ということも有り得ます。(^_^;)

岡山県と言っても北部と南部では方言も違えば気候も違います。
運転が傲慢だなと思っていたのですが、これは高齢者ドライバーが多く運転に余裕が無いからです。
その他にも、ここは河が氾濫したら浸水するな…
2mの津波(南海トラフ予想)では保たないな…
この道がこの渋滞ならここから通勤したほうが便利だな…
地域によって食材(海産物、農産物など)の物価に開きがあるな…
この地域(地区)の住民は閉鎖的だな… 逆に、心を開いてくれているなとか
実際に住んでみて分かることがあります。

私たちは運が良いです。
海や川や山にも近くて、福山と岡山の中間地点でアクセスもよく、高速ICもあればJR駅も近い
地盤も固く、30mの津波でも浸水しない立地、岡山県内でも日照時間が一番長い
そして、周りの住人の方に恵まれている(これが一番)
いずれは、この地区の方々に恩返しがしたいと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ 

GEN株式会社クープ 代表取締役

投稿者プロフィール

千葉県柏市出身、岡山県浅口市在住(岡山県民4年目)

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

本日の岡山県NEWS

Twitter

ピックアップ記事

  1. 2018年12月31日をもちまして当サイトを閉鎖(削除)させて頂きます。 必要な情報がある場合…
  2. 2015/11/25

    移住と受験
    ご無沙汰してます。^^; 岡大附属中は本日から27日まで願書受付です。 息子は中間考査対策で…
  3. 2015-1-22 (更新:2015年2月22日) 岡山大学附属中学の入試対策を教えて下さい。…
ページ上部へ戻る