地震から生き残るために


2014-1-13

移住ネタがありません。(^_^;)
岡山県での生活を平々凡々と幸せに過ごしています。

最近、また地震の話が目立ちます。
千葉東方沖地震、東京直下型地震、東海地震、南海トラフ地震…。

南海トラフ(M9クラス)が発生したとして
私たちが住む地区の予測震度は5強(津波なし崖崩れなし)です。
幸いにも震度5強から6弱は実体験しているので被害予測が出来ます。
通学路付近において、家屋が倒壊する恐れは少ないですが
屋根瓦、ブロック塀、灯籠など倒壊するであろう建造物があるので
子どもたちとは、通学時における避難経路の確認や集合場所を確認しています。
備えあれば憂いなし、です。

千葉東方沖地震、東京直下型地震、東海地震、南海トラフ地震
自分が生きている間は発生しないと楽観視できる状態ではありません。
とはいえ、自分には子どもがいるので守るべきものがあります。

日本国内、何処に住んでいても地震は必ず起こります。
あとは「生き残る確率」です。
東京の震度7と岡山の震度7、高層ビル群の繁華街と田舎の地方都市
原発から近い(風下)のか遠いのか、離島なのか本州(本島)なのか
どちらが生き残れる確率が高いかといえば、それは後者です。

守るべき者があるなら、生き残れる確率を少しでも上げなくてはいけません。
生死を分けるのは「生き残る確率」をいかに上げるかです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ 

GEN株式会社クープ 代表取締役

投稿者プロフィール

千葉県柏市出身、岡山県浅口市在住(岡山県民4年目)

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

本日の岡山県NEWS

Twitter

ピックアップ記事

  1. 2015/11/25

    移住と受験
    ご無沙汰してます。^^; 岡大附属中は本日から27日まで願書受付です。 息子は中間考査対策で…
  2. 2015-1-22 (更新:2015年2月22日) 岡山大学附属中学の入試対策を教えて下さい。…
ページ上部へ戻る